EN JA

私たちは「鉄骨工事」のエキスパートです。

当社の業務は「デッキプレート工事」を中心とした鉄骨工事で鍛冶工事や本締め工事、耐震補強工事といった鉄骨工事全般にも幅広く対応しています。 「安心」「丁寧」「満足」「信頼」「情熱」をモットーに、これまで培ってきた丁寧で確かな技術と経験を用いて、施主様や取引様に喜んでいただきたい。その思いを下に活動をしてまいりました。
当社には熟練の職人が多数在籍しており、質の高い技術・施工は施主様や取引様から定評をいただいております。デッキプレート工事は是非、株式会社貴大にお任せください。

株式会社貴大ではオフィスビル、工場、マンションや商業施設などの大規模な建築物の「デッキプレート工事」を中心とした鉄骨工事をおこなっております。デッキプレート工事は近年、低コスト・短納期・総人数施工等、厳しい要求にも応えられる工法として建築業界での需要が高まっています。

デッキプレート工事とは主に鉄骨の上に床をつくるための下地を敷き詰めていく工事です。敷き詰めていく床材のことをデッキプレートといい、弊社ではフラットデッキ・合成デッキ・フェローデッキを取り扱っております。作業工程では隙間ができないよう充分に確認しながら敷き詰め、最後は溶接で鉄骨に固定していきます。建物が完成した時にはほとんどが見えなくなってしまいますが、建築物の基盤・礎を作る重要な工程の1つであり、妥協やミスは許されません。

株式会社貴大では、様々な施工実績があり、施工管理・工程管理・施工品質には高い評価をいただいており、工事の規模を問わず、あらゆる現場での鉄骨工事や鍛冶工事をお請けいたします。まずはお気軽にお問合せください。

鋼製床版工事 【雑鍛冶工事】

建築物などで使用される鉄骨にデッキプレートを敷き、ガス溶接やアーク溶接、切断、曲げる、繋げるなどの加工を施し、それを設計図どおりに寸分の狂いもなく組み上げていくのが主な仕事です。現場によっては金属の加工だけでなく現場での組み立て・設置なども合わせて行います。建築物の床材・屋根材と使用されるデッキプレートは正確さ・繊細さを求められる高度な工事です。
当社では、鍛冶工・鉄骨工の専門的な知識や技術を持った熟練の職人が対応しております。

専門職である鳶職人がつける鉄骨に対して鋼床版を敷いていく作業を行なっています。

当社の職長と現場の監督による施工前の要領等の打ち合わせ
 ▼
現地にて、図面・作業工程の確認と打ち合わせ
  ▼
鳶職人による鉄骨の進捗状況次第でデッキプレートの搬入 
  ▼
鉄骨建方部にデッキプレートをクレーンで揚重
  ▼
寸法を細かく図面通りに測った上でアーク溶接にて鉄骨母材とデッキプレートを仮敷き、仮固定
  ▼
鉄骨専門業者が本ボルトを本締めした後にデッキプレートを溶接し固定
  ▼
デッキ仮敷き開口部を溶接し固定
  ▼
デッキ仮敷き開口部に応じてコンクリート止め、取り付け
  ▼
現場の責任者や担当者にて確認、承認
  ▼
他業者への引き継ぎをする

※大規模の現場、また積層現場においては繰り返しの作業になります。

一般仮設鍛治工事

現場全体において他業者の作業の円滑・安全を確保するために鉄骨・仮設鉄骨に加工を加えて溶接やガス溶接等を行う工事です。
一般仮設物に対してガス溶接、アーク溶接を使い敷鉄板・鉄骨仮設ピースの仮固定、切断、取り付け工事を行います。そのほか、内装工事干渉物の切断や撤去なども行なっております。

TOP